描き方講座 イラスト制作

CLIP STUDIO PAINTでキャンバスの画角を設定する方法

2022年6月26日

この記事では、CLIP STUDIO PAINTを使ってキャンバスの画角を設定する方法を紹介します。
 

手順

① 任意の3Dモデルをキャンバスに配置する
② パース値に計算フォームで算出した値を入力する
 

① 任意の3Dモデルをキャンバスに配置する

素材から任意の3Dモデルをキャンバス(あるいはレイヤー)上にドラッグします。
ただし、3DデータはVer.1.6.0以降のものを使用してください。古いデータを使用すると後述のパース値計算で正しい値が算出されません。
ここでは例として、CLIP STUDIO PAINTにデフォルトで入っている「立方体」の3Dモデルを使用しています。

 

② パース値に計算フォームで算出した値を入力する

次に、オブジェクトで先ほど入れた3Dモデルを選択した状態で「詳細パレット」を開きます。

詳細パレットの「カメラ」タブの中にある「パース」に記事内下にある計算フォームで算出した値を入力します。


 
これで3Dモデルのパースがキャンバスに対して指定の画角になります。
3D選択時にマウスのホイールを回すとパース値が変わってしまうため注意してください。
 

パース値計算フォーム


  
■使用時の注意事項
・キャンバスサイズの単位は横と縦で統一してください。アスペクト比で入力しても正しく計算されます。
・パース値が1~100の範囲外になった場合は設定できない画角です。

■計算仕様
・縦画角指定におけるパース値はこちらの記事内にある以下の式で計算しています。
  100tan(α/2) / tan(80°)  [α:縦画角]
・横画角指定におけるパース値は上記の式を元に以下で計算しています。
  (a/b)×{ 100tan(β/2) / tan(80°) }  [β:横画角 a:キャンバス縦サイズ b:キャンバス横サイズ]
※パースの対角消失点の線分から目論見の画角になるか自身で検証済みです。
 

-描き方講座, イラスト制作

© 2022 あんよのイラストレーター日記